RSS | ATOM | SEARCH
広域交流会「茨城県にお住まいの皆さんと交流しましょう」を開催しました

令和元年度  福島県県外避難者帰還・生活再建支援補助金 補助事業

 

 2月12日(水)〜13日(木)の1泊2日で、広域交流会「茨城県にお住まいの皆さんと交流しましょう」を開催しました。福島県から宮城県内に避難されている皆さんがバスで茨城県北茨城市内に移動、北茨城市周辺に避難されている皆さんと交流しました。

 

 北茨城市内には、2017年10月に福島県浪江町から避難された方々の自治会「きさら942」が設立されています。代表である八幡喜美男さんが「皆さんにくつろげる場所を提供したい」と自宅を開放、毎月1回、周辺でお暮しの浪江の皆さんが集まり親睦を図っていらっしゃいます。

 会場は、北茨城市磯原町にある「としまや月浜の湯」。会場に入ると皆さんすぐにお知り合いを見つけ、歓談が始まります。全体で自己紹介をし、おいしい昼食をいただきながら交流を深めました。

 

 

 

 

 

 参加者は宮城県から17名、茨城県から23名の合計40名。「普段会えない方と一緒になると、いつもの交流会とはまた違っていいね」といったお声をたくさんいただきました。また、開催にあたり、茨城県担当の浪江町復興支援員の皆さんに大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 宮城県からの参加者は当日は水戸市内に1泊。翌日は、ひたちなか市の干し芋生産所「永井農芸センター」で買い物をしたり、大子町の「袋田の滝」を見学したり、普段なかなか来られない茨城県内を満喫して帰路につきました。

 

 

 

author:管理者, category:広域交流会, 18:08
comments(0), -